サイトマップ
大分市 セラピールームアンジェラのちずこさんが
ブログで話していたこと 転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


光の言葉セラピー ヒーラー養成1日講座・基礎編でのひとこま。

講座では、セラピーを実際にセラビストとクライアントに
別れて受講生同士でする時間があります。
グループ講座の場合ですと、受講生同士で行いますが、
個人講座ですと講師と受講生で行うことになります。
先日は個人講座だったので、
講師の私と受講生の方とがセラビスト役とクライアント役
になって、それぞれセラピーを体験します。

ですので、私もクライアントとなって受講生の方から
セラピーを受けるということになりました。

さて、何に取り組もう?!って…。
自分の中では随分落ち着いてて、
う~ん、何ににしよう~って本当に巡らしていたのです。

そうしていたら、午前中の講座の中でグループ体験って
いう私がセラビストで受講生に質問をして
ノートにその答えを書いていくっていう時間があるのですが、
その時の受講生の方が取り組んだ、
家族が物を片付けなくってイライラするっていうテーマを
ふいに思い出したのです。

あ、そういえば、それもありかなぁ?!って…
イライラまではないけれど、以前からあることで、
ここ数日にもあったなぁ…
しかも時々、こんなだよぅ~って
面白ネタのようにも 人に語ったりしてたなぁ。
…ってことで

『夫に伝わらない』をテーマに取り組んだ。

よく夫はドアをパタンと最後まで閉めない、タンスの引き出しも。
スーパーなどの買い物袋から中身を取り出したら、
その袋はそのままでそこらを浮遊して置き去り…
私は「意識しようよ」と言うのだけれど、
彼の耳には留まらないらしく、
そんなことがほぼ毎日繰り返されている。

セラピーをセラビスト役の受講生から受けながら、
私は彼の行為に対して
「意識して」と言ってる私の気持ちが伝わらない
悲しさが胸にある ことを知った!
そう、怒りでもなく、情けなさでもなく、
私は悲しかったんだって…。

そして、その悲しい気持ちのエネルギーは、
薄い黄色のような薄いオレンジ色のような
風船として、私の胸のなかにありました

その風船がずっーとあると私は口に出して言ってしまい、
その風船がなくなれば私は自由になれるって言いました。

「では、その風船を持っておきますか?手放しますか?」

セラビスト役の受講生から問われて私は…
あれれ…何だか、これ手放さなくていい?!っていうか、
この風船、楽しそう♪

その風船をぼわ~ん、ぽわ~んて
手に乗せて上げて遊んでる2つの風船と2つの手が
イメージとして浮かぶ。。。
あ、薄い黄色、薄いオレンジ色って、実は2つあったんだぁ。

そして、それは私と夫の手!
二人でそれぞれの風船をぽわ~んぽわ~んと遊びながら、
私はとっても穏やかな気持ちでいる。

あらら…♪

あ、その風船、夫とのコミュニケーションだった。
だから、その風船を取ることを拒否した。
伝わらないと思ってた悲しい気持ちは
実は悲しいことではなく、
楽しさを含んだ彼との関わり、
コミュニケーションの手段でもあったのだと。

彼自身も 実は何も言わないよりも 
何か関わることを楽しんでもいたのかもしれないって。

そう言えば確かに娘から
「お父さん、お母さんに叱られたいんやろ~(^.^)」
って言ってたなぁ。

とすると、
余りに彼の無意識の行為に対して 
私の「意識して」は逆説的には、
意識してそうしてた と言えるかもしれない(*^^*)

習いたてほやほやのセラビスト役の受講生から
受けセラピーですが、
またしても光の言葉セラピーの奥深さに“やられたぁ~”って感じです

余りに気軽に取り組んだテーマでしたが、
意外な自分を知って気持ちがほんわか~(*^^*)
セラビスト役の受講生の方も「私も癒されましたぁ~」って。

その後…。
彼に対して穏やかな自分がいます。
片付けない、閉めないことも
やんわりと受け止められています。

あの二つの風船は
二人のインナーチャイルドだったんだろうなぁ
って気がしています.。o○.。o○

淡路紀世子のHP八ヶ岳、セラピールームの2002年の旅日記から抜粋しました。
・・・・・・・・・・・・・


英国の旅から 戻ってきて 10日ほどたったある日
東京の行く用事があり 八ヶ岳から高速バスに乗る
途中で 腹痛・・重たい痛み・・・
「あー困ったなぁぁ・・
バスからは降りれないし・・
じゃ 光の言葉セラピーで 自己ヒーリングしましょう。

おなかの中に 石の棺が あった。
それはそれは おっきい・。そして おもたーーい。
「なんで こんなところにあるの?」
「私よ」
「ん?」
「私のお墓の前にいかなかったでしょ」
ルキアだった。
「確かに・・・。」

「なんであるのぉ?」
「あなたが私の墓前に来なかった・・」
「は?」
「だから 私が くっついてきた・・」
って言う

英国の旅での「その声」から指定されていた項目?の中には 
過去世のルキアの墓前に行きなさいっていう言葉もあった。
いろいろな項目を クリアーしてきたのに 
実は それだけが できていなかった。
コーンウォール半島のいくつもの広大な丘・・
ケルト系の古い集落が ぽつんぽつんと眺められる
その中にふらっと 訪れた 小さな集落・・
心惹かれる塔があり そこに歩いていってみる・・
そこには 墓地がある。

「あー この中に ルキアのお墓が あるんだなぁ」
ってつぶやいている自分がいた。
でも 入れない。
小さな集落のみんなの墓地には しっかりと 鍵が かかっている。
一般の人は はいれない。

「ほーらね。日本なんて遠い国から こんな普通な私が 一人来て・・・
そんなにいっぱいの項目なんて こなせないでしょ 
やっぱり 無理無理」
って心の中で その「声」に伝えていた。

「だから ここは ここまでね・・さて・・次に行こうっと・・・」
って思い イギリス最南端の岸壁に移動して 
フィッシュ&チップスを食べながら眺めを楽しんだ。

っということで 私は 10項目近くのこなす用事のただひとつが 
実はこなせずに帰国した。

そして今 バスの中で ・・・
ルキアの棺が おなかの中にあったことに気がついている。

それを ヒーリングして その棺は手放した。
腹痛はおさまった。

「これでは やりすぎ・・いくらなんでも 私のつくりすぎだわ」
って思った。
自分が 英国でやり残したことが 実は 気になっていて・・
作っちゃっただけよーーって自分に言い聞かせていた。
「気のせい 気のせい♪」ってね。

そして バスが 新宿駅につく。
いつもは 西口で用事を済ませてしまうのだけど・・
まだ 時間が 少しあったので 今日に限って・・
ほんとひさしぶりに東口の方に足を 伸ばしてみることにした。

西口から 地下道を歩き・・東口へ出れる・・
私は 歩きなれた道をてくてくと歩き出した。
さっきの自己ヒーリングの体験のことを思い出しながら・・
「でも あれは 自分の気のせい♪」って・・いいながら・・

そして 地下道で 私の足が 止まった・・
愕然とした・・
ポカーンと空いた口が そのまま・・

なんてこと・・だ・・・・・・。

新宿駅の地下道の柱が 何本もある・延々と続く太い柱
大手の会社は 宣伝に2mちかいおおきなポスターを貼る。
それも 連続性が効果的
都会の広告ポスターは よく 短期間指定で集中的に
おんなじポスターを何十枚も貼る

私のその日 歩いた地下道の太い柱・
すべての柱に「ルキア」と書かれていたポスターが 貼られていた・・・
私が 西口から 東口へと続く 何十本もの柱全部が 「ルキア」だった。

「こんなことって・・・」

「うっ・・」

つばを一回ごっくんと・・・
そして
「気のせい気のせい」って言い聞かせていた自分が 消えた。

「はーい 降参・・気のせいではないってことを 認めます」
と ひとりつぶやいていた・・トホホ 

「 光の言葉セラピーっていうのは いろいろな物質化現象が おきます」なんて 自分がしゃべっていて・・
こんな形で現実を突きつけられてしまい・・ 
自分をも驚いてしまいました♪
あーびっくりしたぁ。

その時期は 時計でセイコールキアという商品が宣伝されていた・・
笑・・・&ショック。

◆追記◆

そして・・2014年12月
名古屋出張中 ホテルのテレビつけたら たまたま偶然
セイコールキアのCMでした。
あらまっ・
って思いだして・・ここの日記を読み返したのでした。

倉敷市 セラピールームHARMONYのみほさんが
ブログで話していたこと 転載します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
セラピーは、本当に良い。
この人生で光の言葉セラピーに出会えた事は本当に素晴らしい。

何もかも・・自分の目の前に広がっている景色や感覚の全てが、
リセットされる。
予定していた通りの生き方に戻っている。
心地よい。
お金の事を最初に書いたが・・お金って大事だ。
セラピーの世界に足を踏み入れる前のこと・・・

前世セラピーは10年前・・1万円~2万円くらいが相場だった。
今もそう変わらないが、、
初めて、それを受けようと思うとき・・割と勇気の居る出費であった。
それ相応の見返り?が欲しいわけだが、前世は見れたが・・
それが何を意味しているのかが全然分からなかった事が1回。
前世セラピーまでの問診で、かなり嫌な気持ちになった事が1回あった。

光の言葉セラピーでは、言いたくない事は言わなくても良い。
問診の時に、言わなくても良いと言っている。
ココロに闇を抱えていたり
気軽に人に相談できない悩みを持っている誰かの気持ちなんて・・
簡単に分かるわけがないのだ。
それを寝堀り 葉堀り 聞き出すような問診って、ものすごく失礼なのだ。

感情や気持ちだけにクローズアップしてゆくツールは、とてもありがたい。
全ては、自分の中に答えがあるのだから・・クライアントの全てを信頼しているツールだ。
とてもありがたいまま、自分のブロックが外れてゆく。
思わぬことに気付かされる。
それを繰り返し行う事で、自分を生きている事への自信が出てくる。
自分がこれで良しと思えてくる。
自由になれるのだ。

ここにくるまでに、セラピーに使った金額は大きい。
国産の車1台くらいかな・・。
でも・・それ以前の私は苦しくて苦しくてしょうがなかったのに、
天国になったのだから
、全く惜しいと思わない。

自分の本当の気持ちに注目できるのは、ありがたい。

自分の領域を侵されなくて済む。

自分を傷つけないで済む。

自分を大事に出来る。

時間を大事に出来る。

何より・・日々楽しく過ごせている。

お金がないない・・と言いながら、
身体に悪い食事を安いという理由で選んで食べて・・
最終的に身体が病気になっては、本末転倒なのだ。
高い安いではなくて、本当に良いものを探して、
ちゃんと身体に提供して美味しくいただける方が未来は明るいのだと、
智念さんが教えてくれたが、本当にその通りなのだ。

40代を過ぎてくると肉体の衰えを感じる。
30代後半から精神と肉体のバランスが気になってくる。
段々・・ゴールへ向かって人生の道が明らかになってくる・・
そんな時に、どんな気持ちで過ごしているのか・・はとても大事だ。

やはり、楽しい人生を歩きたい。
幸せだと感じながら息をしていたいのだ。
それが出来ている今の自分に、とても、、満足している。

セラピーに出会えて本当に良かった。
娘と笑顔で過ごせるから良かった。
家庭も安泰だし良かった。
どっちを向いても良い感じなのだ。

ありがたい。
だから、私は祈るのだ・・
皆が光の道を歩けますように・・
幸せを感じられますように・・
平和な世界を築く為の一部としてお役に立ちたいと願っていると・・

・・・・・・・・・・・・

Hさんが 仕事の合い間にメールをくれました
・・・・・・・・・・・・
セラピーも 体験会も 一期一会のご縁なのですね。

クライアントとして、
セラピストとして目の前に起きること、

そんなところにも 何かしらの配慮がされている
と思うことができます。

そう思うと とてもありがたいです。

いつものような現実みたいに時間が過ぎて行くだけでなく
学びがあって、
いやしがあって、
発見があって、
よろこびがある。

セラピーをするって とてもおもしろいですね

あーもう時間がない。
仕事の準備、準備。忙しー

K子さんの自己ヒーリングから
・・・・・・・・・・


ちょっと感激したこと、聞いてほしくて 書きます。

光の言葉セラピーの自己ヒーリングで
自分の中にある 不都合なエネルギーブロックをみつけた時、
「Fテレビの丸いやつ」だったことがあります

お台場の、Fテレビ本社の建造物、あの丸いやつです。
でも最初は、他の形でした。
丸いものに、棒みたいなものが 何本かささっているような。
なにに似ているかを考えても、思いあたるものがなくて、
なんだこれ~??と思っているうちに、棒がなくなって、
Fテレビ本社の、あの丸いやつみたいだと、特定しました。

しばらくして、まだ最近のこと。
画素検索のときに、Fテレビの丸いのをみつけました。
確かに似てました。
でも、その画素検索で、ちょっと感激した画像があったのです。

これです^ ^
Fテレビのロゴマーク・・・
あっ!最初に見ていた、棒がささったやつは、これだっ!って思いました

どっちにしても、Fテレビだったんです^ ^

なんだかわからなかったから、わかるように、
ちゃんと自分が出してきたと、私は解釈して、感激したんです☆
うまく言えないけど「自分」ってすごいなぁって

このマークを見つけたことも、物質化現象みたいだなぁって思いました^ ^
【私が気づいたこと、ほんとだよ?】って


☆もう一つの見方♪

最初はなんだかわからなかった。
形が変わって、ようやくわかった
という言葉に
「どっちにしても同じ」を付け加えてみました^ ^

そう・・私は・・その自己ヒーリングから
「どっちにしても同じ」という気づきを受け取ったのでした

光の言葉セラピーの奥深さを感じてます
さらに、ヒーリングが進みそうで、楽しみです☆*:.。.

次の5件 >>