サイトマップ

光の言葉で読んでみる「眠れる森の美女」

2013年12月28日
光の言葉で読んでみる「眠れる森の美女の話」

◆(ひろえさんのブログ なないろあそびの不思議道から)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


光の言葉セラピーをつかって「眠れる森の美女」を読んでみる。

なかなか子どもに恵まれなかった王さまと王妃さま。
そんな二人がやっと女の子を授かります。
国を挙げてのお祝いの席に魔法使いを招待しました。
みなが魔法によってお姫さまに美や才能、
優雅さや賢さを与えていきます。
ところがそこへ招待から外れてしまった魔法使いが現れます。
怒った魔法使いはお姫さまが15歳で死ぬように呪いをかけます。

ところが・・
まだ魔法の贈り物をしていなかった魔法使いがいたのです。
最後に「お姫さまが死なずに眠りに落ち、
100年後王子さまのキスで目覚める」っと魔法を置き換えます。

幸せに暮らしていたお姫さま。
やがて15歳を迎えます。
王さまは国中の糸錘を燃やしてしまいますが
やはりお姫さまは魔法使いによって
糸錘で指をついてしまうのでした。

----------「眠り」に置き換えれた「死」とは?

最悪の死という運命を逃れましたが、
お姫さまには痛みによって死に値する眠り=心
の闇に迷い込む(心の死)という流れがおきました。
100年は長いですね。。
そのくらい、心の死のダメージは大きいのです。
そして周りの人も大切な人の心の死につられて
心の闇に入ってしまいます。

心の闇、死とはどんな世界なのでしょう。

希望がなくて、
愛がなくて、
信頼がなくて、
不安と猜疑心でいっぱい。

辛くて、
悲しくて、
寂しくて、
怒りに満ちて、
妬みや嫉妬でいっぱい。

しんどいねぇ。。。

 心の目が閉じてしまうと愛も希望も信頼も
何もかも、光の世界がみえなくなってしまう。
独りぼっちに思う。

でもね、そんな闇もすべてのお終いを告げる「死」とたった一つ違いがある。
心の目はもう一度開けることができる。
100年のちに王子さまがやって来る。
外の世界からやって来る王子さまがお姫さまの心の目を開かせてくれる。

開かれた世界からやって来る人がお姫さまに息(生き)を吹き込むのよ。
お姫さまが目覚めればその姿に心打たれてみんなも目覚める。

愛と希望と信頼を取り戻す。

お城を囲っていたイバラの封印は解かれ
お姫さまの心は呪縛から解放(開放)されるの。

・・・・・・・・・100年の眠りを解く魔法☆

わたしたちは、
時に、嫉妬や妬みのせいで悪い魔法にかかってしまうことがある。
心の死が訪れ、闇の世界でもがくことがある。

でもね、
最後の魔法使いがしたように魔法の上書きをしておくと
愛の魔法によって光を取り戻すことができる。
もし、子ども時代に親や周りのおとなたちから
この愛の魔法をもらうことができていたなら
呪縛の解放は近く解けやすい。
どんなに大切に子どもを災厄から守ろうとしても
受難の運命はやってくる。
でも、
運命はその行く末を変えることができる。

どんなに小さな思い出でもいい。
たった一つだけでもいい。
愛を感じた経験は心の闇の中で
希望の灯り・復活のきっかけとなります。

・・・あなたがもらった愛の魔法はどんなもの?
・・・・・・・・・・・・・・・☆

これは光の言葉セラピーによる自己ヒーリングの一場面から
解釈を広げたものです。
100人いれば100通りの眠り姫の物語があります。

////////////////////
フェイスブックで公開されていて ますみさんが感想書かれていました。
////////////////////

(ますみさん)
物語は深いですね~!!
置き換えていくと色々な気づきが思い起こされます。
光の言葉そのものが、愛の言葉であり神の言葉であり
生きていく指針になりますね?
ひろえさん素敵なお話をありがとうございます(*゜▽゜*)

(ひろえさん)
ますみさん(*^_^*)照れちゃいます。
光の言葉ってどんな場面でも使えるから
新たな「言語」って感じですね~

(ますみさん)
そうですね~!!気がつくと面白いですよね~♪

///////////////////

私にぴったりなチャンネルは「愛」のチャンネルだと教えてくれました。

2013年12月22日
・・・・・・・・・・・・・・
Rさんの自己ヒーリングの話
・・・・・・・・・・・・・・


先日、ある事について自己ヒーリングをした時の事をお話させて下さい。

重い気持ちを取ろうとヒーリングを始めたのですが、
いつも手伝ってくれる作業員さんが、
泣いて私のお願いを拒否するんです。
そこで、作業員さんのお話を聞いてみたところ、
「この重いは「先生」に対する想いです。
これをとる事はその人に対する想いを外す事になりますから、
出来れば私はこれを外したくない。
でも、どうしてもあなたがこれを外すと言うなら
仕方なく外すけど、私は外したくない。」
と言ってさめざめ泣くんです。

こんな事ってあるんですね。
私は作業員さんの気持ちを理解してこの気持ちを外すのをやめました。

そして、この気持ちを気持ち良いものとして保てる様に、
また自己ヒーリングをしました。

そうしたら、ラジオさんが出てきて、
あなたは私のネガティブチャンネルに波長を合わせるから
嫌な気持ちになるんだよ、
私には「愛」や「祈り」っていうポジティブチャンネルもあるから、
これからはこのチャンネルに波長を合わせたらいいよ。
と教えてくれました。

そして、ラジオさんはネガティブチャンネルに
波長を合わせないようにロックをかけてくれました。

更に、ラジオさんは
「愛」のチャンネルからは
放送と一緒に天使やお花や愛や鳩やハートや心暖まるいろんな物が
飛んでいくし、
「祈り」のチャンネルからは
傷を癒すものや病気を癒す為に必要なものを
届けるんだよ、
と教えてくれました。
そして、今、私にぴったりなチャンネルは
「愛」のチャンネルだと教えてくれました。

びっくりですね!!

その後に、これからの展望をヒーリングしてみたら、
拡声器が出てきて、このラジオさんの番組を拡声器を
通してたくさんの人に届けるという展開になりました。

光の言葉セラピーでは、不要なブロックをはずす事が多いですが、
今回は何も外さず、
逆にいろんな人(?)に 私が気付かなかった事を
たくさん教えてもらいました。
そして、私を導いてくれました。

こんなヒーリングもあるんですね。

光の言葉セラピーは本当に凄い!!
と思った出来事でしたので、お話したいと思いました。


光の言葉セラピーを教えて下さったことに心から感謝致します。

ヒーリングの深さを知りました

2013年12月19日
◆(セラピールームはぁもにぃのHPから)
【みほさんが体験した光の言葉セラピーの気づきな話】
http://www.nanairotensi.com/hanearukokoro11.html

・・・・・・・・・・・・・・
紀世子さんと行ったセラピーで・・
私には腰痛の持病があって、過去生でも取り組んだ事がありますが、
腰痛自体がさっぱりなくなることはなく、ギックリ腰も4回しています。
 腰痛予防にと、運動を始めて分かった事なのですが、
わたしはお腹の中心に力が入らない・・・という事が分かりました。
ところが、そういう病気は無い。
どうして私はお腹の中心に力が入らないのだろう??
という事で、その事をセラピーしてみました。

お腹の中には、ビックリ!透明のつるんとしたプラスチックのようなエネルギーブロックがありました。
全然気付かなかった。
透明だし・・温度も冷たくもないし熱くもないし・・
それをとる作業はなかなか大変なものになりました。
お腹の奥の方にあったので(子宮)医師がお腹を切って取り出さなくてはならなかったのです。
わぁ・・嫌だなぁと思いましたが、医師はものすごく丁寧にしてくれました。
すみません すみません・・って謝ってる???ん?
申し訳ないから、と、縫い目も分からないくらい小さく本当にキレイにしてくれました。
処置が終って、どうして?こんなの ついていたの?
私にはさっぱり原因が分からなかったので、
医師と看護師に聞いてみたら、ただひたすら平謝り。

きよこさんが言いました。
「生きるの やめちゃってた事ない?」

!!!!!!!
あ~~~~~~~~そうです!
私誕生の時、生きるの辞めていたのに、生かされています。

その時の医師と看護士だったんだ・・the昭和って感じだったの
は、そういう事だったんだ@@@@

たぶんその時に、ついちゃったんだ・・。
 で・・・このワァク・・実は、ものすごく深い意味が別にもありました。
自分自身の出生についての事が出たのだけれど、
実は・・私は子宮頚管無力症という病症のため、
娘が胎在週数22週で生まれてしまっていたのです。

ある部分だけに・・力が入らない・・と始めに言っていました。
=無力症まさに・・自分の出生と共に娘の出生という・・
人の一番の大きな出来事に関わった・・
最大のエネルギーブロックを取ってしまった・・のでした。

取った後・・・不思議な事に、腰痛がかなり改善しています。
力が普通に入るので座ったりするのも楽になりました。
普通の人はこんな風だったんだ・・と改めて感じています。
私はお腹に力が入らなかったので、肉体も不安定でしたが、
歩き方も不安定でした。
人生の歩き方も不安定でした^^
ところが、コレ以降・・なんだか大丈夫になっています。
もしも・・次に妊娠が出来たとしたら・・そのときは・・???


///////////////////////////
後日 みほと紀世子のおしゃべりから
///////////////////////////

◆【みほ】・・・この体験で一番不思議だったのは、
どうしていきなり紀世子さんが
「生きるの やめちゃってない?」って言った一言でした。
どうして?紀世子さんからその言葉が出たんだろう?
その言葉のお陰でものすごく深い気付きになったと思っています

/////////////////////////////////////////////

◆【紀世子から】
私が 「生きるのやめちゃってない?」と告げた言葉。
みほさんが 光の言葉セラピーの体験中、
語った言葉の中にヒントがありました。
みほさんのセラピー記録から抜粋してみました♪
その前後の文章は 掲載都合で省略しますが・・・

--ヒーリングメモから--
★おなかの力がはいりにくい
★ココに力が 入らない
★やめてくれ
★おへその下 子宮
------------

言葉からの 読み取りだと
・・おへその下・・・って・帝王切開の場所だし・
出産に関連している可能性があり・・と思えた。
そして・・
やめてくれ・・・は ださないでくれ・・
つまり 帝王切開で・・産まれたがっていない声あり?
そして・・・おなかに力がはいりにくい・・
グランディング弱しを あらわしています。
そして・・・きわめつけは・・ここに力がはいらない・・
という日本語です。
ここに力がはいられない・・は 前世療法的把握で・・・
ここは 今世のこと・・今世に力がはいらない・
生きることやめている・・と踏めた。
こんなところでしょうか?

///////////////////////////////////////////
◆【みほ】
私は帝王切開ではないのですが 逆子で足から産まれて、、
相当な難産だったこと そして産まれた時死んでいた。
ということです。
グランディング弱し=
これについても、本当に思い当たる事があります。
例えば丹田に力を入れてって言われても入れられなかった。
それが、出来ないのが不思議でならなかった。
ココに力が入らない=今=現世
それも良く分かります。

自分でもどうして?今ココっていう瞬間を大事に出来ないのだろう?
って、ず~~~~~~~~~~~っと不思議でした。
みんなみたいに、今を上手く歩けていないとも感じていました。
なるほどなぁ。

それで、セラピー体験後・・
ほんまに ほんまに・・今ココに集中する事が出来ています。
仕事の効率も能率も上がっています。
気分も精神的な面も、何もかも落ち着いています。
これこそが、私らしい場所だったんだ・・と、居心地が良いです

そっか・・・みんなはこれが普通だったのか・・

いつも不安定だったのは、こういうことだったんだなぁ。
今回の会話メールで 改めて
こないだのヒーリングの深さを知りました。
本当に 本当に、ありがとうございました。
////////////////////////////////////