サイトマップ

孫君が骨折したから 魔法かけてみた

2014年06月29日
骨折したから ヒーリングしてみたけれど

◆(淡路紀世子のブログ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4才孫君が 夕方 右ひじ骨折した。
スーパーの駐車場で 少し高いところに乗って足滑らせて転んだ。
ギャー いち大事なのだ。

手がぶらんとなったのを一番上のおねえちゃんが両手で支えて
後部座席に座る弟に
「だいじょうぶよー だいじょうぶよー」
と語りかけてたって。
おろおろするママの運転する車で 病院に急行。

がんばったね おねえちゃん・・
弟を励まし こわい気持ち不安な気持ちを押さえて
 病院まで お手手を支えてたって。
着いたら気がぬけて おねえちゃん 大泣きだったって・・
うん よく頑張った・・
おねえちゃんもこわかったよね。

・・・・・
診断は 全身麻酔の手術だって・・・。ママ号泣。
それも・・一回ではなくって・・
二回必要だと・・・大ショック。

全身麻酔こわい 二回も手術 いやだ
入院も余儀なくある。仕事も休むことになる
生活は 一変してしまうだろう・・
でも がんばるしかないと覚悟決め。

その後 私のところに報告の電話。
夜遅くだったけれど・・・私もショック。
あぁぁぁ ショック かわいそうに・・痛かったろうに・・と。
私も ばぁばとして♪ これから全サポートだなぁ・・と感じいる。


☆私「じゃ 魔法も かけておくね」

☆娘「うん よろしく」


・・・・・・・・・・
★光の言葉セラピーを してみた。

そのひじ・・・炎があった・・
そして・・それを 冷やしていくと・・固まっていき・・硬いものになる。
それを こそげおとしていくと・・
きれいな肌 皮膚が出てきた・・・。ヒーリング終了・・。

む??

冷やして 固めて・・それを 削る・・・手術と違うなぁ・・

・・・・・・・・・・
ヒーリング終えて ちょっと 調べてみよう・・という気もちになる。
手術ではない・他に方法は あるのではないか・・・と
ネットで・・みたら・・・固定療法というのがあった。
「私は こういう場合には手術とかはしない」と語る医師のページ見つけた。
レントゲン写真も何枚も出ていて わかりやすいページだった。
それを 全てプリントして・・夜遅かったけれど・とにかく・・娘の家へ。
もうその家族は・・全身麻酔の手術を二回も・・受け入れるしかないと・・覚悟決めていた。
明日は・・手術に向けていろいろ検査の日。
でもね こんな方法もあるよと 知識を植えて置こう・・って思った。

どうして・・・K病院に行かなかったのか・・。
あわてていたから 一番近い病院へ行った。
孫君のパパも やはり K病院がいいだろうと・・
いつも使っている信頼しているK病院・・
どうせ手術するのなら K病院がいいねと。

みんなが そう感じたから・・
手術決まった病院は 明日はパスして・・
もうひとつの病院で あらたな診断受けてみましょう。

★セカンドオピニオン・・

翌日、別の病院 Kに出かけた。
診断は

「ギプスのみでオッケー 手術はなし ☆ ☆ ☆

一週間後にまた確認に来てもらって・・・
小さい子の再生力は 早いから 完治までに 
そう日数もかからないでしょう」と。
  
あぁなんてことでしょう。
あの二回も必要と言われていた・・
全身麻酔の手術は いらない!!・・と。

あぁ よかった・・・娘もほっとする。
家族みんなが ほっとする。
孫君にも ちょこっと 笑顔・・・

それとともに・・なぜ・・??
なぜ こんなに判断が異なるのか・・
なんて 残酷なことだろう・・と感じた。

セカンドオピニオンをしていなかったら・・手術だったのだ・・
それも 二回・・
骨折だから きっと 何かを いれるが一回
何かを 取り出すが二回目の手術なのだろう・・

3日後に手術日、その準備に入る
でもなぜか・・・入院せず 自宅にいた孫君。
それもラッキーかな。

だから セカンドオピニオンできたのだ。

外科と整形外科の違いなのだろうか・・
救急だったから外科の医師の判断。
翌日は 整形外科に行った。
ほんと・・わかれ道がある。

あのとき・・別の方法が ひらめかなかったら・・
あのとき・・「別の病院に行こう」が なかったら・・
向こう半年??「手術・・・その後の中に居た」のだろうか・・

骨折した2日後 孫君は ギプスしてるけど 
今は歩いて普通の生活している。
幼稚園も普通に行けるって。


あのとき 魔法かけていたから 
実際の患部が 一日にして変化して こんな結果になったのかな・・

あのとき 魔法かけていたから 
別の方法があると 思いたち ネットで調べる気になったのかな?

あのとき 魔法かけていたから・・
別の病院に行こうというひらめきが 起きたのかな・・

あのとき 魔法かけていたから 
孫君は 手術 免れたのかな

今 私は 笑顔になってる娘家族を眺めながら・・
いろいろと思うのでしたっ・・・・・

もちろん 
孫君のラッキーの引き寄せの力が 一番凄いのだ
とも いえる。.

「光の言葉セラピー」はとても素晴らしい

2014年06月22日
Aさんからメールいただきました
・・・・・・・・・・・・・・・
私は長い間、紀世子さんのお世話になり、
でも、他の手法のヒーラーさんのHPとかも見てきました。
ワークに参加してみた事もあります。

結果・・
「光の言葉セラピー」はとても素晴らしい
ということを実感しています♪

いろんなヒーラーさん、
カウンセラーさんのいろんな表現方法があります。
自分との調和へ導く手法の真理は、
手法は違っても同じ様な気がします。

この「光の言葉セラピー」は、
シンプルに見えて、とても奥が深く
習った最初の頃には分からなかった
「おー!」っていう高度な手法?だと、
改めて気付いています
(素晴らしいです♪)