サイトマップ

10何年も変わらない「ふへんなもの」

紀世子のつぶやき
淡路紀世子HP

・・・・・・・・・

光の言葉セラピーの上級編の講座していた。
いつものように 上級で教えていきたい技術、のところで
白板に向かい "説明書き"をしていた・・

ふわっと・・「なんて幸せなんだろう」って感じた。
私・・・10何年・・おんなじこと伝えている。
私は・・変らず 変えることなく 
この教科書で 光の言葉セラピーの技術を 伝えている。
それって すごいことだなぁ・・
「不変」なもの という言葉が浮かんだ。
ふへんという感じはどう書くのだろうか。
不変 普遍 不偏 どれもいい感じ。

そして・・・今 ここで 学んでいる名古屋地区の参加者は・・
昨日とか先週とかで 基礎編を学んだ方ではない・・
たまたまだけれど・・偶然・・
皆が 10何年前に光の言葉セラピーの基礎編を学んだ方たちなのだ。

そして・・この10何年の時空を超えて
 「その続きを」と学びに来てくれたのだ。

"それって すごいよ"

だって・・私だって・・変っていったのかもしれない・
またその続きをと思ってても 
もう その講座も「へんげ 」して・・
なくなってしまっていたかもしれない・・

みんな 教える側は、創意工夫して・・
どんどん進化していくヒーラー養成講座を見かける・・

私のは・・変らないなぁぁ・・
それって・・変わりようがないんだ・・
だって・本当のことだし・最初から これら教えているセラピーは・・
私にとって 変りようもないもの・・
ふへんなものなのである。

つまり これからも 未来、 変ってはいかないものなのである・・

私はそれをやり続けてきていたのだな・
それって すごいゾ・って 今頃 感じる。

そして・・・10数年だっても 
その続きをこうして受け取ってくれる皆さんも 
凄いゾって思った。

今回の名古屋では 別の日にワークもしたけれど・・
やっぱり・・・そういう人だらけだった・
「10年ぶりに受けに来ましたよ」って感じ・・

嬉しかった。

そして・・ふと ルキアの力を見た気がした。
あれは・・12年前の出来事だったから。

前の記事
次の記事