サイトマップ

親子でセラピーを受けてみる

・・・・・・・・・・
なないろあそびの不思議道のブログから
ひろえさんのおしゃべりです。

【気づきが縦糸・横糸となって まるでタペストリーを織るよう】
・・・・・・・・・・・・・


親子セラピーでは、光の言葉セラピーをつかってヒーリングをします。

「どんなことするのかなぁ」
「ちょっとこわいなぁ」
って言ってた子どもさんも楽しく参加していただいてます。

そして
なないろあそび では子どものセラピーする時に
親御さんにも一緒に取り組んでみませんか?
とお伝えしています。

もちろん強制ではありません。

子どもと関わる中で気になることは、
それを発見している大人の側にも 気づきのきっかけとなることが多いからです。

そして同じきっかけから取り組む 親と子のそれぞれの気づきと、
それを照らし合わせることで さらなる発見があります

光の言葉セラピーをグループで取り組むと
お互いの気づきが縦糸・横糸となって まるでタペストリーを織るように
ひとつのテーマとなっていることが理解できちゃいます


おもしろいですよぉ

前の記事
次の記事