サイトマップ

いたれりつくせり


セラピスト淡路紀世子ブログから転載
・・・・・・・・・・・・


いたれりつくせり
ってどんなエネルギーなのかな。
ことわざなんだけれど。

意味としては 「配慮が行き届いて、申し分がない」 と国語辞典には書いてある。
ほめ言葉なのかな? 
いい言葉なのかな?

でも
自己ヒーリングで 掘り下げていってたどりついたのは、
私にとっては 「いたれりつくせり」って言葉が自分の中に存在していたら・・
それは 不都合な言葉であったのだ。

光の言葉セラピーの自己ヒーリングで
【うすっぺらな白いおせんべい】を 手離すということをしてみた。

そのおせんべいは ささやかなものなのに 
手離してみたら 
ずいぶんと私の視界が変ったのだ。

その おせんべいは 「いたれりつくせり」 というエネルギーだった。
はて・・・。

あまり聞きなれない言葉が ひょんと出てきたから・・
改めて吟味? 考えてみた。

なぜ こんなものを手離す流れが 私自身に起きたのでしょう・・・??

これって なんだ?
やりすぎってことだな。

「いたれりつくせり」は 度がすすむと きっと依存関係をうむんだな・・。

あてにされる、もあるって思う。

あてにする、というのもあるって思う。

「いたれりつくせり」をしている側は どんな気持ちなんだろうか。
やりすぎると こんなにしているのに・・・と思う気持ちも、いづれ出てくるのかな

「いたれりつくせり」されている側はどんな気持ちなんだろうか。
はじめは とても楽ちんだけれど いざ用なしになると・・
別に頼んでもいないのに勝手にやっているという思いもうまれるのかな。

いろいろと 考えていくと・・
私の中にあった「いたれりつくせり」は 
私にとっては不都合なエネルギーだったようです。


そのおせんべいを手離してみたら・・
すご~く軽くなって いろんなネガティブな気持ちが吹き飛んでしまったもの~♪

だから 今 それを 開放出来て・・とっても 涼やかな広場にいる自分を 感じてる。

ステージワン ひと段階 広い場所に出られた感覚がある。

見通しがいい。

見晴らしがいい。


前の記事 次の記事